少々年齢が上だけど合格にしたOL

面接に応募してきた水商売&風俗業界未経験の27歳のOL

風俗後の一杯も格別東京都内のセクキャバで店長をしています巣具瑠(すぐる)です。
 今日は気分を変えて、居酒屋で求人面接をしてきました。
 もちろんこれはレアケース。というよりも、始めてのこと。
 普段はセクキャバ店内にある事務所だったりするんですが、妙に冷たいビールが飲みたくて、居酒屋での面接にしてみました。
 求人面接とはいえ、勤務中である身でお酒を飲むというのは如何なものかと思いますが(笑)。
 さて、応募してくれたのは、27歳のOL、カリン(仮名)さん。昼間は、食品会社で事務をしているそうです。
 セクキャバや風俗では働いたことがないそうで、全くの未経験ということでした。セクキャバは、お客さんの年齢層も若めなので、女性は20〜25歳がありがたい。未経験であれば、20代前半が理想です。
 そのため、実は、「27歳か〜。どうだろうな?」と思いながらの面接だったのです。

27歳のOLとの求人面接はこうしてはじまった!

カリン「こんにちは。居酒屋で面接だなんて驚きました(笑)。でも私、お酒が好きなので、居酒屋で面接というのは嬉しいです」

 早速お酒が好きというセクキャバ嬢としての良い条件を聞くことができ、幸先のいいスタートがきれました。

「なんでセクキャバで働こうと思ったの?」

 と、聞いてみたところ、

カリン「会社の給料が安くて……。最近、手取りが減っちゃって大変なんですよ。これじゃ、貯金どころじゃなくて、カツカツの生活になりそうで……。大好きなお酒も思う存分、飲めなくなりそうなので、求人サイトからセクキャバ店を見つけて応募しました」
 とのこと。
 ここでビールが運ばれてきて「カンパーイ!」

 それにしても美味しそうにビールを飲み干す女の子です。
 お酒が大好きだというのは間違いないところです。
 セクキャバ嬢としても、いい飲みっぷり、接客ぶりを見せてくれそうで、「よし、雇おう!」と、採用を決めました。
 ……そんなんでいいのか(笑)!?

 いいんです! 酒豪のセクキャバ嬢!!
 いい人材が採用できました。

面接で話が盛り上がるのはとてもイイコト!

「好きなビールのメーカーとかある?」
 そんな話題でも盛り上がりました。
「そりゃA社ですよ〜。いろんなメーカーのビールを飲みましたが、一回りして、やっぱりA社だな、と(笑)。S社のは、ちょっと…」と
 そんな調子です。ビールのメーカーの趣向まで私と合っていて、まさにいい求人となりました。
 2人でジョッキ10杯ずつくらい飲んでしまったでしょうか。3それでもあまり乱れないのは私も彼女も一緒。
 完全にいいセクキャバ嬢になりそうですね。
 お酒に酔っぱらって乱れちゃう女の子も人気になったりしますが、乱れずにしっかりと接客できる女の子も必要です。
 居酒屋の個室での求人面接だったので、体の方も見せてもらいましたよ。タワワに実ったオッパイ、セクシーなうなじなど、これも余裕で合格点!

 お酒を飲んで、コミュニケーションを図るのがセクキャバ嬢の仕事なんですから、お酒を酌み交わしながら求人面接するのは、ある意味、当然のこととも言える気がしてきました(笑)。
 ……違うか!?

豪に入りては豪に従え!はセクキャバでもいえること

ここで最後にマジメな話をしちゃいますネ。
 セクキャバは接客業。見た目がかわいい、スタイルがいいも大切ですが、やはり上手に接客できることが1番です。
 一般の企業でも、ものすごく成績のいい営業マンよりも、上司ウケのいい人のほうが出世したりするじゃないですか。あれって、コミュ力が高いってコトです。
 上司の話を上手に聞いて、うまく人間関係の橋渡しをしたり、社内の空気をよい方向に持って行ったりするなど、目には見えにくい仕事で成果を出しているんですよね。
 セクキャバ……水商売という仕事は、コミュ力だけが勝負! みたいなところがあります。豪に入りては豪に従えというコトです。
 つまり、何がいいたいかというと、セクキャバのお仕事をするのなら、美味しそうにお酒をたくさんのんで、楽しくエッチにお客さんと過ごせることが何よりも大事なのです。
 このOLさんは、少々、年齢がいっているので、本当は「若干、どうかな?」と思う部分があったのですが、文句なしに対人スキルで合格です!

 お酒に酔っぱらった状態で、この記事を書いているので、文脈などヘンな部分もあるかもしれませんが、お許しを〜!

 というわけで、まだ飲み足りない気分でもあるので、仕事は他のスタッフに任せて、飲みに行ってきます!
 ではでは〜!