面接にやってきた高偏差値の娘…不合格のわけ

求人面接にやってきた「セクキャバ腰掛け勤務希望」の女子大生

風俗も女子大生いっぱい東京都内のセクキャバで店長をしています巣具瑠(すぐる)です。
 つい、先ほども求人面接をしてきました。
すっごくいいコで、なかなか偏差値が高い大学に通っている現役女子大生でした。どうしてセクキャバで働いてみようと思ったんでしょうね。
 不思議に思って聞いてみたところ……
「卒業旅行に行くために貯金したいから」
 とのことででした。
 つまり、長くセクキャバで働こうというわけではなさそうでした。どう見てもお嬢様タイプで、セクキャバのような風俗業界で働こうというタイプには見えませんでしたが、イマドキの女子大生は卒業旅行などに、多額のお金をかけるのでしょうね。
「まだ2年生なんですが、単位を取るのに忙しいですし、就活なんかもあるので、時間の融通などがきく、こういったセクキャバのようなお店にお世話になりたくて、求人サイトや求人誌の情報を集めて、初めて面接に臨みました」
 言葉遣いも丁寧で、ルックスもバッチリ!
 現役の女子大生で短期間だけど稼ぎたい、というセクキャバ嬢として業界にずっととどまらないという意気込みも見て取れて、はっきり言って欲しい人材でした。「彼女のような娘を求人しているんだ!」と一瞬、天からの恵みのように思いましたが、採用することはできませんでした…
 コレにはワケがあります。
 知りたいですよね? なぜ、こんなにも有望な女性が面接に落ちてしまうか、その理由を……。

女の子から見て「カワイイ!」「モデルみたい!」でも
男性から見たら……!?

というのも、バッチリなルックス(顔)なんですが、如何せんスレンダー体型すぎたんです。ガリガリといってもいいかもしれません。
 バストサイズは80センチにも満たない始末。求人面接の際、体を見せてもらったんですが、本当にオッパイがない!!!!!

 男の私よりもオッパイが小さいくらいでした(苦笑)。

 う〜ん、それでは……。残念。チーン。

 セクキャバというお仕事は上半身裸で接客し、オッパイは触り放題になっています。
 ウチの店の場合、下半身へのお触りはNGにしております。ですが、オッパイを触るのはOKなわけで、お客さんのほとんどがオッパイを目当てにセクキャバにやってくる……というわけなのです。
 そうなれば、オッパイはセクキャバ嬢の一番の武器になるわけで、彼女はその武器がないわけです。

 女の子から見たら「かわいい!」「モデルさんみたい!」と人気があるタイプだと思います。
 コミュ力もバッチリで、本当に、おっぱいさえあれば欲しい人材だった!
 でも、オッパイが大好きなお客さんが集まるこのお店にはやはり不向きです。
 雇ったとしても、彼女が稼げなくて悲しい思いをするだけですからね。

セクキャバのような夜のお仕事にも“適材適所”がある!
求人に応募する際は、自分の武器を知ることが大切!

というワケで、泣く泣く不採用にした……ということなんです。
 が、ウチには系列にランジェリーパブというものがあります。なので、そのお店を紹介して、そこで働いてもらうことになりました。
 ランジェリーパブなら、ヌーブラで寄せて何とか谷間を作って、カワイイ下着を身に着ければ、彼女でも務まるはずだと思い、紹介しました。
 彼女のルックスと性格なら、人気ランジェリーパブ嬢になるのは間違いありません。セクキャバよりも向いていますネ。

 
 ただ、本来、自分のウリを理解して、求人に応募したほうがいいと思います。
 顔がいいのか? おっぱいが大きいのか? ものすごく若いのか? ロリ系なのか? 男性の好みは様々です。
 自分のことを好いてくれそうな男性がお客さんに来るお店を選ぶと、そこで人気となって、高収入を稼げるということになりますから。
 自分がどんなお店で働きたいかということよりも、「お金を稼ぐ」ことが目的ですから、「自分がより稼げるお店」を選ぶという視点も大事だと思いますよ。
 特に、短期間で高収入を稼ぎたいと思っている場合は、その視点は必須だともいえるでしょう。

 というワケで、セクキャバは別名、お触りパブとか、オッパイパブなどとも言われるので、今回は小さなオッパイの現役女子大生が来たことについて、熱く語らせていただきました。
 ちなみに、セクキャバもいいですが、最高の現役女子大生が働くランジェリーパブもオススメですよ〜。
 そんなわけで、今日も張り切って店長業務に励んでまいります!
 ではでは〜。